教育活動

令和2年度の教育活動


令和2年8月3日(月)
 令和2年度第1回学校評議員会を行いました。評議員の方々には、公私ともにご多用の中、また、新型ウイルス感染が心配される中、ご出席いただきました。感謝申し上げます。
 校長より学校経営計画について説明した後、教務主任、生活指導主任、研究主任、特別支援教育コーディネーターの各分掌の主任から、今年度の取組について説明いたしました。委員の方からは、新型ウイルス感染症の心配の中、子どもたちの様子や学校の取組についてご質問いただきました。また、本校の教職員の取組や、子どもたちのために何とか教育活動を維持しようとする努力について好評価をいただきました。
令和2年8月3日(月)
 生活指導主任が「いじめ防止研修」を受講し、校内で伝達講習を行いました。いじめの未然防止、早期発見、早期解決に向け、小さな変化を見逃さずに、組織で対応することを確認しました。
令和2年8月3日(月)
 1年生が図工「さらさらどろどろいいきもち」と生活科「なつがやってきた」を校庭で行いました。図工では泥団子を作ったり、砂場を掘って水路を作ったりした創作活動をしました。生活科では、水鉄砲で文字をかいたり、子どもたちの考えた的(牛乳パックや紙など)に向かって打ったりしました。友達に「一緒に川を作ろう。」と協力したり、「遠くに飛ばしてみよう。」と競ったりして、友達との関わり合って学習する姿が見られました。
令和2年7月30日(木)
 特別支援教育校内委員会を毎月実施しています。特別支援教育コーディネーターを中心に、校長、副校長、主幹教諭、学年主任、養護教諭に加え、巡回指導教員が集まり、支援が必要な子どもへの対応について、組織的に検討しています。さらに、低学年のすべての子どもを対象にしたアセスメントの結果を分析して、個に応じた支援・指導を早期に発見できるようにもしています。
令和2年7月30日(木)
 先週からサマースクールを行っています。個別面談も概ね終わりましたので、担任、専科教員、任期付き短時間教員などが総出の「チーム桃二」で、子どもたちの指導に当たっています。
 
令和2年7月26日(日)
新型ウイルス感染症の感染者数が増加している中で お願い

 新型ウイルス感染症の感染予防のため、明日からの登校の際に、次のことにご協力いただきたく、改めてお願いを申し上げます。
・子どもたちが登校する前に、必ず、検温をしてください。
(検温していない子どもは校舎内に入れません。検温していない、その結果の記入がない、保護者のサインがない、というお子様は学校で改めて検温します。それに対応する教職員が多く必要になりますと、教育活動上必要な対応にかかわる教職員の数が減ります。)
・体温が37℃以上ある場合、普段より1℃以上体温が高い場合、せきやくしゃみ、体がだるいなどの風邪の症状や体調不良の症状がある場合には、登校を控えてください。
・特に、発熱の場合は、医師の診察を受けて、その結果を学校にご連絡いただきたく思います。
・ご家族の中に、発熱されている方がいる場合にも、お子様の登校を控えていただけますようお願いいたします。その際の子どもたちの登校開始については、医師の診察等を踏まえてご相談させてください。
・子どもたちが登校する際には、マスクを着用するようにしてください。
・お子様や同居されているご家族の方に体調不良や発熱の症状がある場合、また、お子様や同居されているご家族の方の感染がわかった場合には、速やかに学校へお電話でご連絡ください。お子様とご家族のプライバシーに最大限の配慮をし、中野区教育委員会、保健所と連携して対応してまいります。

 ご家庭によっては、お子様が家に残ることで、保護者の方のお仕事を休まなければならないといったことが発生することと存じます。しかし、無理にお子様を登校させてしまうことにより、お子様の状態を悪化させるかもしれませんし、他のお子様が感染するリスクを高めることにもつながるかもしれません。治療薬がないため子どもたちや皆様の命にかかわる病気であることを踏まえ、ご協力をお願いいたします。
 東京都では、連日、新型ウイルスに新たに感染した方の数が100を超え、最近では200、300を超えていることが報道されています。都内の園・学校において、子どもたちの中にも感染者が出たことをニュースでご覧になられた方もいらっしゃることと思います。このような状況においては、私たちも、いつ感染しても不思議でないと感じています。そこで、大切なのは、濃厚接触の可能性を減らし、感染の拡大を防ぐことと考えます。

 4月27日に、国立感染症研究所感染症疫学センターより発表された資料によれば、「濃厚接触」は次の範囲に該当する方とされています。
新型ウイルス感染症を疑う症状が出た2日前からの期間に
(1) 感染した方と同居あるいは長時間の接触があった方
(2) 適切な感染防護無しに感染した方を診察、看護もしくは介護していた方
(3) 感染した方の気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
(4) 手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策無しで、感染した人と15分以上の接触があった方

(4)のことを踏まえますと、学校において、子どもたちの中に感染が拡大しないようにするには、
・マスクを着用していること
・マスクをしない場面では1メートル以上離れること、
・マスクをしない場面を15分以上作らないこと
であると考えます。子どもたちがマスクをはずす、体育の授業中、休み時間の遊び、給食の際に、これらの指導を徹底していきます。

 また、(1)~(3)を踏まえ、ご家族の感染にできるだけ早く対応することも重要だと考えます。これらのことから、冒頭のお願いを申し上げています。ご協力をお願いいたします。

 国立感染症研究所と国立国際医療研究センター 国際感染症センターによる資料(6月2日)によれば、現時点で判明している新型ウイルスの残存期間としては、
エアロゾル(気体中の微小な液体)では 3 時間まで、プラスチックやステンレスの表面では 72 時間までというのがあり、また、銅の表面では 4 時間以降、段ボールの表面では 24 時間以降は生存が確認されなかった、とされています。
 学校では、子どもたちが触れる教室の机、ドア、階段手すり、トイレドア、トイレのふたについて毎日次亜塩素酸ナトリウム水溶液と水とで消毒作業を行っています。

 学校は、子どもたちが複数集まって生活する場所であることから、感染の可能性が高まることは避けられません。しかし、子どもたちの心の安定、学力の維持と向上のために、学校を開いていくことは重要であると考えます。ご家庭と学校、子どもたちと教職員とで力を合わせ、感染予防、感染拡大防止に努め、教育活動を行っていきたく存じます。

 加えて、本校では、中野区の計画に沿い、子どもたちが学校に来られなくても、授業を受けたり、教員とかかわりながら課題に取り組んだりすることができる体制を整えています。残念ながら公教育機関としては、ご家庭の環境を整えるところまでは及んでいません。しかし、万が一臨時休業になった場合には、ご家庭に今あるパソコンやタブレット、インターネットの通信環境を活用していただけるご家庭にはそちらの環境を利用して、そうでない場合には学校に少人数ずつ来て学校のパソコンを利用して、必要な学習を進め、子どもたちの学習を守っていきたいと考えています。

 ご理解とご協力をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 子どもたち、保護者、地域の皆様の健康と安全を心よりお祈り申し上げます。
令和2年7月21日(火)
 保護者の方で、カブトムシを大量に捕まえたので学校に寄付したいという方がいらっしゃいました。ありがたくいただき、校長室前で飼育を始めました。子どもたちの喜ぶ顔が楽しみです。
令和2年7月21日(火)
 全校朝会を行いました。校長講話は、次の3点です。
「いつもの年は、昨日までで前期前半が終わり、今日から夏休みです。今年は、4・5月にお休みがあったため、8月7日まで学校を行います。今日から8月7日まで、家に帰った後の学習が担任の先生から示されます。45分を1回分、2回分と量は学年によって違うかもしれませんが、確実に行うようにしましょう。
 新型ウイルスに新たに感染する人の数が、毎日100人を超え、200人を超えるときもあったことが報道されています。今一度、予防の方法を確認しましょう。ウイルスは口や鼻、目から体の中に入ることで感染します。口や鼻、目から入らないようにすることが大切です。そのためにマスクをしています。そして、手を石けんで洗う、これがとても大事です。手にウイルスがついているかもしれないと思うとき、これから食事をするので口に何か入れるとき、石けんで手を洗うことで、感染を防ぐことができます。家に帰ったらすぐ手を洗うことが大事ですが、もう外に出ないというときは、シャワーを浴びたり、お風呂に入ったりして体や髪の毛も石けんやシャンプーで洗うことは、感染の予防につながるはずです。ぜひ取り組みましょう。
 今後、夏休みになって家にいる時間が増えます。スマートフォンやパソコンで、LINEやSNSを利用することで事件に巻き込まれる人がいます。小学6年生でも、知らない人に会いに行って家に閉じ込められたというニュースも流れました。ネット上で知り合った人に自分だけで勝手に会うなどということは絶対にいけません。家の人とよく相談して、スマートフォンやパソコン、インターネットを利用しましょう。」
 その後、週番教員から、週の目標として、礼儀正しく行動すること、安全に行動することを指導し、音楽教員による指示で校歌をハミングで歌いました。
令和2年7月20日(月)
 全教職員に対して服務事故防止研修を行いました。前半は体罰防止について、後半は個人情報の漏洩防止、私費会計事故防止について研修しました。服務事故は、子どもたち、保護者・地域の皆様の心を傷つけ、信頼を損ねるということであり、絶対に起こしてはならないと確認しました。
 体罰防止研修の後、本校における「体罰防止スローガン」を全教職員で考え、生活指導委員会が中心となってまとめました。
令和2年7月20日(月)
 外部講師の方が、1年生に交通安全教室を行いました。公道の安全な歩行の仕方、横断歩道の正しい渡り方などを、シミュレーターを使って学びました。
令和2年7月20日(月)
 18日(土)と20日(月)に、1・2年生の保護者の中で希望された方を対象に、Google Classroomのログインとおまかせ教室ラインズeライブラリの利用の仕方についての個別相談会を行いました。相談会を行ったことにより、学校では気付くことができなかった不具合に気付くことができました。3年生以上は、子どもたちが学校で実践して身につけていきます。
令和2年7月20日(月)
 17日(金)に、5年生の子どもたちが校長室を訪れました。雨の日が続くので、休み時間の教室での過ごし方を工夫し、折り紙を貼り合わせて大きな折り紙をつくり、それで折り鶴を負ったのだそうです。20日(月)に、主事の力をかりて、校長室前の廊下に飾りました。
(写真は、子どもたちが正面を向いているので、画像の解像度を低くしています。)
令和2年7月18日(土)
 土曜授業日の朝、安全運転呼びかけ隊の方々、PTAの方々が、登校時の子どもたちの安全を見守ってくださいました。
令和2年7月16日(木)
 外国語指導員が、高学年の外国語の学習を支援してくださることになりました。本日から授業に入ってくださっています。本校は、高学年の外国語は英語の免許をもつ講師による授業を行っています。加えて、ネィティブの発音を聴くことや外国の方から異文化を直接感じることで、子どもたちの学習に深みを増すことと思います。
令和2年7月16日(木)
 避難訓練の後、校舎内に砂利がたくさん落ちていました。最近、雨天が続いて校庭の地面が濡れています。避難訓練は上履きのまま校庭へ出ます。訓練の後、子どもたちは足ふきマットでよくふいてから校舎内に入っています。それでも、靴裏についた砂利は校舎内に持ち込まれ、廊下に落ちたのでしょう。
 それに気づいた4年生が、あいている時間を使って、掃除をしている姿を見かけました。すてきな心の持ち主だと感心しました。実は、6年生は、授業後に数名で掃除をする予定だったのだそうです。こちらもすばらしいことです。子どもたちの中の、自分たちで学校をよくし、生活しやすくしようという心を感じ、とても嬉しく思いました。
令和2年7月16日(木)
 避難訓練を行いました。密接、密集を避けることに留意し、フロアごとに移動するよう指示を出して、今年度はじめて校庭への避難を訓練しました。基本的な避難の仕方を理解できるよう、地震のみを想定して、「おかしも」(おさない、かけない、しゃべらない、もどらない)を確認しました。
 中野消防署の方、中野区危機管理課の方がご協力くださり、全校の子どもたちに講話をしていただくとともに、3年生に対し、避難の心得をお話しくださったり、起震車での揺れの体験を行ってくださったりしましました。
令和2年7月15日(水)
 7月8日に1組、15日に2組で外国語の授業を行いました。テーマは、「color(色)」です。ALT(外国語指導員)の発音を聞いて、日本語と英語の言い方の違いを練習した後、「ミッシングゲーム」という隠したカードを当てるゲームをしました。子どもたちは楽しんで英語に触れることができました。
令和2年7月14日(火)
 4年生の子どもが、今日、このようなツールを作って校長に見せに来ました。消しゴムのかすの収集器です。授業中に自分が出した消しゴムのかすを床に捨てるのではなく、集めてごみ箱に捨てに行くというのは、気配り・心配りとしてすてきだと思いました。そのうえで、便利なツールを開発する心は、これからの時代、身近な生活の中の問題を解決するためにプログラミングする、という発想につながるものだと感心しました。
令和2年7月14日(火)
 リモート全校朝会を行いました。近隣で火災が起きた際に保護者の方と初期消火に協力した児童に中野消防署長様から感謝状が贈られたので、学校でも表彰しました。校長講話は、科学に関心をもち、身近なことに疑問を抱いて、自分で研究をしましょう、ということでした。また、学校や学級をつくるのは児童の皆さんであり、授業やクラブ活動を楽しくするのは、児童の皆さんです、自分たちで目標をもち、計画して、自分たちでよくしようと行動しましょう、という話をしました。
令和2年7月13日(月)
 本日、今年度初のクラブ活動を行いました。クラブ活動は4・5・6年生の同じ興味・関心をもつ子ども同士が、自分たちで活動の内容を考え、計画を立て、協力して行う活動です。今年度は、新型コロナウイルス感染症の予防のため3密を避けて行います。3密にならずに行えるクラブ活動を子どもたちが考え、設立しました。桃二小オリジナルのバリエーションに富んだクラブができました。本日の活動内容は、クラブ長、副クラブ長、書記を決めた後、今後の活動の内容や目標、それを達成するための計画を考えました。目標達成に向け、学年関係なく助け合いながら練習したり、調べ物に取り組んだりしていました。
 写真は「サーカスクラブ」と、「屋外運動クラブ」の活動の様子です。全員で協力しながら、目標達成に向けてがんばっています。
令和2年7月11日(土)
 Google Classroomにご家庭でログインしていただき、Meetを利用してリモートで授業を見ることのテストを実施しました。ご参加いただいた保護者の皆様ありがとうございました。今後、1・2年生の保護者の方の中から希望される方に、個別の相談会を実施します。3年以上の学年では、子どもたちが自分で利用できるよう、学校で指導していきます。
 
令和2年7月11日(土)
 土曜授業を行いました。子どもたちの登校時の安全の見守りに、「安全運転見守り隊」の皆様、PTAの皆様が多数参加してくださいました。ありがとうございました。
令和2年7月10日(金)
 今日は今年度初めて集会委員会による「先生当て集会」を放送で行いました。新しく来た先生について3つヒントを出し、そのヒントからクラスで協力して考えていました。楽しむだけでなく、クラスの団結力が深まる集会になりました。
令和2年7月7日(火)
 今朝、全校朝会で、校長が「天の川」や「夏の大三角」など夏の夜空に関心をもちましょう、という話をしたところ、1・2校時の図工の授業で宇宙をイメージした作品を作った子どもがいました。さっそく、校長室に見せに来てくれました。子どもたちの感受性と行動力に感心しました。
 3校時が始まるころ、2年生が校長室にきました。「教室で育てていたアゲハチョウのサナギがチョウになったので、校長先生にお知らせに来ました。」とのことでした。では一緒に見に行きましょうという校長の言葉に、2年生は飛び上がって喜んでくれました。その姿を見て、こちらも嬉しくなりました。
令和2年7月7日(火)
 7月最初の全校朝会を行いました。七夕の日にちなみ、天の川や織姫と彦星についてなど校長が話しました。この話から分からないことや不思議に思ったことを、今後の探求的な学習に生かしてほしいです。
令和2年7月6日(月)
 熊本県を中心とした豪雨により被災された方々にお見舞い申し上げます。
 今朝も風が強く雨が降っていました。低学年の小さなお子様は特に、傘をさしての歩行は難しいと思えます。可能な限りでかまいませんので、レインコート等を着用して、傘をささなくてもよいようにしたり、保護者の方が付き添っていただいたりして、登校中の安全にご協力いただければと思います。レインコートがない場合は、無理にとは申しておりませんので、ご理解ください。
 梅雨の季節から、ゲリラ雷雨、台風の季節へと続いていきます。豪雨や強風等で警報が発令された際の登校時の対応について、5月1日にお手紙を配布しています。本校のホームページ「おたより・ダウンロード」のページでもご覧いただけます。
 下校時に、強風や雷等が発生している場合は、下校を見送り、学校で待機する場合があります。その際には、情報配信メールでお伝えします。
台風接近・通過等に伴う気象警報発表時の対応ついて
令和2年7月2日(木)
  本日、東京都で新型ウイルス感染症に新たに感染された方の数が100人を超えた、というニュースが流れました。これを受け、本日昼に、放送で、子どもたちに次のことを指導しました。

「本日、東京都で新たに感染する人の数が、5月2日以来2か月ぶりに100人を超えることがわかったそうです。新型ウイルスはまだ皆さんの身近にあります。
 学校が始まって1か月が経ちました。毎日の授業、休み時間、登下校の皆さんの様子を見ていると、楽しそうにしているのがよくわかります。楽しい学校生活を、これからも続けていけるようにするには、
マスクを着用して、石けんをつけて手をこまめに洗うことがとても大事です。
そして、マスクをはずす給食のときなどは、お話を我慢することも大事です。
 マスクをつけたり、手を洗ったりするのは大変だな、と思うことがあるかもしれませんが楽しい学校生活を続けるため、と思って行っていきましょう。」

 加えて、子どもたちには、熱中症の予防についても話しました。
 体育の授業、外遊びのときはマスクを外してよい、登下校中に苦しかったら人混みをマスクを外してよい、ということは子どもたちに指導しています。感染症予防と熱中症予防を行って、安全な学校生活を維持できるよう努めてまいります。

 引き続き、保護者の皆様におかれましても、子どもたちの検温、検温カードへの記入、
マスクの着用、体調がすぐれないときは学校を休ませるということについて、ご協力くださいますようお願いいたします。

 コロナ禍においては、体調がすぐれない、発熱、風邪の症状等で学校をお休みされても、欠席とはしません。出席停止となります。出席停止の場合は、出席しなければならない日数が減るということになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 子どもたちの安全と健康を第一に考えて、運営してまいります。そして、皆様の健康をお祈り申し上げます。
令和2年6月30日(火)
 6月最後の全校朝会を行いました。6月は通常なら「ふれあい月間」です。「友達の心を傷つけるような言葉を桃園第二小学校からなくしましょう。」と校長から子どもたちに話をしました。すべての子どもが、友達に対して思いやりをもって接することができるようにしていきます。また、昨年度末の臨時休業のために行えなかった、読書感想文コンクールの表彰を行いました。素晴らしい成績を残した児童に対して、画面を通して、全校で称えました。
令和2年6月29日(月)
 本日、今年度初の委員会活動を行いました。委員会活動は5・6年生がそれぞれの委員会で今後の学校生活をよりよくするために主体的に活動する時間です。本日の活動内容は、委員長、副委員長、書記を決めた後、今後の活動の内容やめあて、それを達成するための計画を考えました。5年生を引っ張る6年生とそれに答える5年生の姿が期待できる時間となりました。
 これからの学校のために活動する5・6年生1人1人の活躍に期待しています。
令和2年6月27日(土)
 土曜授業を行いました。朝の通学時には、地域の方、同窓会の方が参加してくださっている「安全運転呼びかけ隊」の方々がもみじ山通りの横断の安全を見守ってくださいました。土曜日はスピードを出している自動車が多いため、このように見守っていただけることはほんとうにありがたいことです。呼びかけ隊の方々に、立ち止まって挨拶できる子がいて、ほめられていました。
令和2年6月25日(木)
 雨が続きます。長靴を履いてきた子どもも丁寧に靴をしまっていて素晴らしいです。
令和2年6月24日(水)
 今年度はじめて校内研究授業を行いました。子どもたちがいる教室が密にならないよう、教室内に入って参観する教員は5名までとしました。タブレット端末とGoogleMeetの機能を活用して、授業の様子を別の教室で見られるようにしたり、廊下から参観したりました。学校再開後間もないのに、落ち着いた雰囲気の中積極的に挙手して学習を進める6年生の姿がとても印象的でした。
令和2年6月23日(火)
 今日の全校朝会では、3つの話をしました。まず、通常の給食が始まりましたが、コロナウィルス感染を防ぐために、準備の時にもきちんとマスクをつけることの大切さを話しました。次に、傘をさしている時に人とすれ違う際のマナー「傘かしげ」についてです。画像をつけて分かりやすく説明しました。最後に、これからの季節天体観測を楽しめるように、皆既日食から夏の天体についての話をしました。
 
令和2年6月19日(金)
 今朝は99周年開校記念集会を行いました。校長から桃園という地名の由来や桃園第二小学校の歴史、地域に大切にされている桃二小の話をしました。子どもたちは100周年に向けてどんな100周年にするか希望をもちました。
令和2年6月18日(木)
 ICTを活用して指導に生かしています。今年度から、中野区ではデジタル教科書いくつかの教科用にデジタル教科書が導入されました。視覚的な情報を子どもたちが得やすくなり、大変有効です。
令和2年6月18日(木)
 算数科は、全学年で学級+1以上のグループに分けて少人数指導を行っています。少人数で行うことで、教員の目は細かく行き届くようになります。子どもたちは、自分の考えを発表しやすくなるという効果も表れています。基礎的・基本的な事項の確実な定着と、思考力・判断力・表現力の向上につながるとともに、これらが向上すれば、学ぶ意欲も高まると考えます。
 3年生は、今年度から1クラスになりました。そのため、通常であれば、算数科の授業は2グループです。しかし、子どもたちに少しでもきめ細かい指導を行えるよう、校内の教員の配置を調整して、昨年度まで同様に3グループ展開して学習できるようにしています。
 
令和2年6月17日(水)
 新型ウイルス感染症にかかわる様々な観点から、水泳指導の実施を見合わせています。いつできるようになってもよいように、設備の点検と整備は例年同様に行っています。また、本校のプールにおける水泳指導の方法を、全教員で確認しました。実際にプールへ行き、ろ過機の運転の仕方等を全教員で共有しました。
令和2年6月16日(火)
 学校が再開して、初めての全校朝会はコロナウイルス対応のためにリモート朝会を行いました。丁寧なあいさつの仕方や整頓された靴箱など、再開間もない学校での子どもたちの頑張りを紹介しました。子どもたちは頑張っている他の子どもの様子を見て、今後の生活の目標をもてたと思います。
令和2年6月16日(火)
 Google Meetを活用して校長室と各教室を結び、全校朝会を行いました。様子は、上記の通りです。校長から次のことを話しました。
「おはようございます。学校が始まって3週目に入りました。今日から本格的に、もとの状態にもどって活動します。これからは、学級の全員が同じ時刻に登校してきます。半分ずつ登校していた先週までとは異なります。友達がたくさんいることで生活は楽しくなります。いっぽうで、人の数が増えれば、距離をとることが難しくなります。新型のウイルスがいる中での生活は続きますから、大切な友達と自分を守るために、距離をとって生活していきましょう。くっつかない。あつまってかたまらない。とじこもらない。ということが大事です。
 熱中症が心配な季節になりました。休み時間に外で遊ぶときはマスクをはずしてかまいません。登下校中にマスクで息苦しいと感じたときは、人があまりいない場所にいって、マスクをはずし、呼吸を整えましょう。
 さて、今日は、臨時休業中から学校再開2週間で皆さんが頑張っているなぁと思ったことを3つ紹介します。
 まずは、読書感想文です。
 1年生はまだ桃二小にいませんでしたけど、3月に学校がお休みにはいったとき、校長先生はみなさんに次のようなことを伝えました。「せっかくのお休みです。よい本を読みましょう。」そして「読書感想文を書きましょう。校長先生が読みます。」
 3月24日より前に、もってきてくれた人が20人くらいいました。その人とたちには、すぐに言葉を書いて返しています。その後、担任の先生を通して見せてくれた人が、これだけいます。約80人です。すごいですね。
 本を読むと、本の中の登場人物がおかれた境遇に共感して一緒に楽しくなったり、悲しくなったりしながら、自分ならどうするか、と考えることができます。本の中には、夢がいっぱい詰まっています。来週からのあじさい読書月間の中で、ぜひ、たくさんの本を読んでほしいです。
次にお話しするのはこのことです。
  はきものをそろえると 心もそろう
  心がそろうと はきものがそろう
  ぬぐときにそろえておくと はくときに心がみだれない
  だれかが みだしておいたら だまってそろえてあげよう
  そうすればきっと 世の中の人の心もそろうでしょう。
 皆さんが帰った後の夕方の、6年生の靴箱です。さすが6年生ですね。うわばきのかかとがきちんとそろってしまってあります。6年生に、たいへんよくできました、の写真をプレゼントしました。桃園第二小学校の靴箱がいつでもこのようになるとよいなぁと思っています。
実は・・・6年生以外にも、たいへんよくできました、をあげたクラスがあといくつかあります。そのクラスもすばらしいです。ほかのクラスの人たちも、できていたら、写真をとってたいへんよくできましたをプレゼントしますから、学級の目標にしてみんなで取り組んでくださいね。上履きだけでなく、外履きもじょうずにそろえておけたら、また写真をとりますから、こちらもがんばってください。
 さいごに、皆さんががんばっているあいさつについて話します。このビデオを見てください。多くの人があいさつできるのですが、今の人たちは、またさらにすばらしいですね。立ち止まって、さきに言葉を言って、おじぎをする、という挨拶ができます。一日の最初の挨拶は丁寧にしたいものです。立ち止まって、先語後礼で、みんながあいさつできるようになることを、私は願っています。高学年だから、と照れることなく、よいことには、今から、今日から、さっそく取り組んでください。」
令和2年6月15日(月)
 5年生は総合的な学習で稲作について学習しています。初めて見た子どもも多く植え方を学んで、どのように植えたらいいか、楽しく体験することができました。水田の中に足を入れると、思うように動けないことから、農家の方々の苦労を感じていました。今後大切に育ていきます。
令和2年6月13日(土)
 土曜授業を行いました。学校再開後、初めて、子どもたちは分散せず、一斉に登校しました。各学級は、換気をして密閉を避けるとともに、子どもたちが密接・密集しないよう指導しながら、活動や学習を進めました。子どもたちが進級後、全員そろうのは初めてです。各学級では、通常4月に行う自己紹介を行ったり、委員会活動や当番活動の分担を決めたりすることから始めました。子どもたちは、友達と会えてとても嬉しそうにしていました。
 土曜日の授業のために、子どもたちが登校する際の安全を、安全運転呼びかけ隊の方々、PTAの方々が守ってくださいました。心より感謝申し上げます。
令和2年6月12日(金)
 学校再開後の新しい生活の中で、重要なことは、子どもたちの健康管理です。学校が、新型ウイルスが感染拡大するクラスターになることを防ぐため、毎朝、子どもたちが校舎に入る前に、自宅での検温結果と体調を確認しています。検温を忘れた子どもは、校庭の別の場所で検温をしてから校舎に入ります。
 検温結果の確認と各教室に入る前の手洗い指導に全教職員で当たっています。そのため、検温を忘れた子どもへの対応に多くの人員を割くことはできません。中野区の次世代育成委員の方にご協力をいただき、ボランティアで検温を忘れた子に対応していただいています。ボランティアでご協力くださった方々に深く感謝申し上げます。
令和2年6月12日(金)
 学校再開後の新しい生活の中で、最も苦労していることの一つが、毎日の消毒です。中休みが終了後、3校時中に、用務主事がトイレのドア、階段の手すり等を入念に消毒します。給食前には各教室のワゴンを教員と調理員で消毒します。子どもたちの下校後は、全教員で教室の机やドアを消毒します。今後しばらく間、この作業を行っていかなくてはなりません。一斉登校が始まった今後は、教員が、放課後に子どもたちの個別対応をしなければならないことも出てきます。放課後の教室の消毒は、10分程度で終えるようにしていますが、人手が不足しています。コロナウイルスと共存しながらの学校運営上の課題です。
令和2年6月11日(木)
 今日は、初めての外国語の授業を行いました。英語を話したり聞いたりすることが久しぶりで恥ずかしがる姿が見られました。授業の後半になると、慣れてきて楽しそうに英語に親しんでいました。今年度から教科となった外国語を楽しく学んでいってほしいです。
令和2年6月9日(火)
 給食の時間に、放送で読み聞かせを流しています。子どもたちは、マスクをはずして給食を食べるので、話をしないようにしています。耳で聴くことで少しでも楽しい給食になるようにしています。
 8日(月) くすのきしげのり 『おこだでませんように』
 9日(火) なぞなぞ絵本 、 エリックカール 『はらぺおあおむし』
 10日(水)宮沢賢治 『雪わたり』前編(教科書にある長編作品から)
 11日(木)宮沢賢治 『雪わたり』後編
 12日(金)のがみかずお 『宝くらべ』 ホリプロ読み聞かせ日本昔ばなし
       『寿限無』 キッズチューブ絵本の読み聞かせ朗読動画シリーズ
令和2年6月8日(月)
 ソーシャルディスタンスを意識しながらの体育の授業です。自分たちで自主的に意識して行動できる子どもたちは素晴らしいです。
令和2年6月8日(月)
 本日から給食を開始しました。各学級に2名ずつ教職員が入り、配膳しました。電子黒板に視覚的に示された手順を確認した子どもたちは、手洗いをした後、ランチマットを敷いて、給食を受け取りました。ソーシャルディスタンスをとって手洗いを待つなど、子どもたちは落ち着いて行動できていました。1年生もスムーズに食事の準備ができました。
令和2年6月3日(水)
 本校の教員は、学校が再開したとき、子どもたちがとても楽しみにしているのが、校庭で思い切り遊ぶことだろう、と考えていました。ソーシャルディスタンスを確保できるよう、遊び場の分担を行って、毎日順番に遊べるようにしています。今日は、4・5・6年生が遊ぶ日でした。教員も一緒になって走り回っていました。
令和2年6月2日(火)
 ソーシャルディスタンスに気を付けて生活と学習を進めています。1年生でも、自分で距離をとって、トイレの順番を待つことができていました。図工室では対面の机を使用しているため、中央にビニールシートを張っています。
令和2年6月2日(火)
 学校再開2日目。授業を始めています。子どもたちは、水を得た魚のように、教室という学習の場で生き生きと学んでいました。
令和2年6月1日(月)
 学校が再開しました。
 新しい生活のきまりを確認しました。ビデオ朝会で校長講話を頷きながら聞く姿に、久しぶりに始まる学校生活への期待と意欲を感じました。どのクラスの授業でも、すべての子どもが落ち着いて学習に取り組むことができました。

令和2年6月1日(月)
 学校再開初日はあいにくの雨でした。久しぶりの登校にもかかわらず、子どもたちは傘を丁寧にしまって、校舎に入ることができます。低学年の子どもたちも自分でできることに驚かされました。
令和2年6月1日(月)
 学校再開の初日の1校時に、校長の話と生活上の新しい約束についての指導を、全学級で行いました。校長講話は、ビデオ映像を流しました。
令和2年5月29日(金)
 6月1日(月)からの学校再開に向けて、子どもたちに向けての校長からの話を掲載します。3か月間の臨時休業があった後での学校再開です。楽しみにしている子もいれば、不安や心配を感じている子もいることでしょう。担任の教員をはじめ、全教職員は、子どもたちが安心して生活できるように気を配っていきます。心配なこと、不安なことがあったら、誰にでも、どんなことでも相談できますから、安心して登校してきてください。
 下の写真をクリックすると動画のページにジャンプします。
令和2年5月28日(木)
 連絡日の3日目を迎えました。1・3年生が登校しました。新しい生活様式での過ごし方を学んだり、ソーシャルディスタンスをとって行動する練習を少人数で行たりしました。
令和2年5月27日(水)
 6年生の個別連絡日でした。
 6月の学校再開に向けての話をしました。
 手を洗うこと、距離をとること、差別や偏見しないことを指導しました。真剣に聞く姿勢に  学校再開への期待感を感じました。下校では、早速距離をとって並ぶことができました。さすが最高学年です!

令和2年5月26日(火)
 本日から、学校再開に向けた少人数での連絡を行いました。子どもたちと担任が会い、コミュニケーションを図る時間にしたいと思います。非常事態宣言が解除されて初めての学校で、子どもたちの声が校舎に響き渡っていました。久々の学校で笑顔がこぼれる子どもが多くいて笑顔がたくさんの個別連絡日になりました。
令和2年5月25日(月)
 校庭の各種のバラの花がきれいな花を咲かせていました。
令和2年5月22日(金)
 学校が再開し、給食が始まった際の食物アレルギーへの対応を全教職員で共通に理解するための研修を行いました。教職員も、ソーショアルディスタンスに気を付け、間隔をとって座席を設置して行いました。
令和2年5月18日(月)
 中野駅前のサンモール商店街で、「中野区内小中学校空中ギャラリー」が開催されています。中学生の作品に混ざって、昨年度の6年生が全員で作った力作が、展示されています。一人ひとりの子どもの個性あふれるすばらしい作品です。
令和2年5月13日(水)
 個別連絡日、2日目、3日目を無事に終えることができました。子どもたちを学校へ向かわせてくださった保護者の皆様、子どもたちと一緒に来校してくださった保護者の皆様に感謝申し上げます。また、3日間とも、横断歩道での見守りにPTAの方にご協力いただきました。ありがとうございました。
 子どもたちの表情を見ながら話をすることができたこと、子どもたちの家庭学習の成果を見ることができたことは、有意義でした。今後の休業中の学習指導や教材づくりに生かすとともに、学校再開に向けた準備に生かしてまいります。
令和2年5月11日(月)
 子どもたちと担任教員とが個別に面談を行う「個別連絡」を開始しました。本日は、1年生と4年生を行いました。密閉・密接・密集を避けて行えるよう工夫して進めました。保護者の皆様には、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。通学路の2か所の横断歩道には、PTAのご協力をいただいて、大人を配置することができました。明日以降も、安全と感染防止に努めて実施していきます。どうぞよろしくお願いいたします。
令和2年5月8日(金)
 5月11日(月)からの学習の進め方を改良しました。改良のねらいは、一人ひとりの子どもの特性にあった学習の進め方ができるようにすることと、子どもたちの学習状況の評価につなげることです。プリントと動画で解説しています。
5/11からの学習の進め方
令和2年5月8日(金)
 桃二の先生から子どもたちへの動画 第6弾です。
 子どもたちが家庭で学習を進める際のポイントやヒントを、1~3分程度を中心にした動画にして掲載しています。子どもたちの学習の助けになることを願って作っています。「桃二チャンネル」のページからどうぞご覧ください。

 桃園第二小学校の児童の皆さんへ
 家庭学習を進めるとき、わかりにくいこと、先生に教えてもらいたいことがあると思います。そんな皆さんのことを、桃二の先生方はいつも気にかけています。
 家庭学習を始めるときのポイント、学習を進めていつときのポイントやヒントなどを、桃二の先生方が1~3分くらいの短い動画で、皆さんにお話しします。5月8日(金)は、なんと35本を超える動画を掲載しました。11日(月)からの各学年の学習を進めるときに見てください。
  「桃二チャンネル」のページから見られます。
令和2年5月1日(金)
 7日(木)、8日(金)の学習課題をホームページに掲載しました。連休に入るので、本日ンのうちに、印刷したものを職員室前の廊下に用意しました。
令和2年5月1日(金)
 5月人形を1年生の昇降口に飾りました。
令和2年4月30日(水)
 校庭にはこんなきれいな花も咲いています。
令和2年4月29日(水)
 桃二の先生から子どもたちへの動画 第5弾です。
 1年生の図画工作「こいのぼりをつくろう」を掲載しました。
 養護教諭によるキッチンペーパーで作る「マスクをつくろう」に顔の小さい子ども用の「小さいマスクの作り方」を追加しました。 「桃二チャンネル」のページをご覧ください。
令和2年4月28日(火)
 全校朝会として、校長講話を掲載します。
令和2年4月24日(金)
 5月用の検温カードを掲載しました。
 引き続き、毎朝検温し、体調の変化に早く気付けるようにしてください。5月の検温カードを、ダウンロードできるようにしました。 「新型ウイルス感染拡大防止の取組」 または 「おたより・ダウンロード」のページをご覧ください。 学校の職員室前廊下には印刷したものを置いてあります。お手数をおかけいたしますが、そちらを取りに来ていただくこともできます。また、4月の検温カードの余白に記入していただいてもかまいません。ご協力をお願いいたします。
令和2年4月24日(金)
 環境委員会の子どもたちが植えて育てた花や、校庭の植物が可愛らしい花を咲かせています。また、正門の校名がある壁をきれいに塗装していただきました。
 南門は高さが低く、大人の人なら乗り越えることができます。子どもたちの安全のために、スロープを上がったところにネットをつけていただきました。ネットは通常は施錠しています。お役様の荷物運搬や消防写生会などの行事で自動車が入る場合には開錠します。
令和2年4月23日(木)
 「せっかくのお休みです。よい本を読みましょう。図書館支援員から今日の1冊!」 に3冊加えました。
 
令和2年4月23日(木)
 教育相談室を整理して使いやすくしました。子どもたち、保護者の皆様にとって利用しやすい教育相談室をつくっていきます。
令和2年4月22日(水)
 中野サンモール商店街で「空中水族館」が行われています。
 その中で、本校の現4年生が3年生のときに作ったこいのぼりが2匹、大きく立派に成長した姿で、雄大に泳いでいます。子どもたちが、丁寧に、工夫を重ねて作ったことがよくわかります。
令和2年4月21日(火)
 桃二の先生から子どもたちへの動画 第4弾です。
 なわとびが苦手な人へ、「なわとびこうりゃくほう 1」を掲載しました。
 6年生の算数「線対称な図形」「点対称な図形」をわかりやすく解説しています。「おもしろさんすう教室」も加えています。
 1年生のさんすうを楽しく学ぶための動画2点と、養護教諭といっしょに「マスクを作ろう」の動画を掲載しました。
 また、今年から、音楽の先生が2人になりました。みんながよく知っている音楽の先生がピアノを弾き、新しい音楽の先生がクラリネットでスイングします!皆さんは、リコーダー、鍵盤ハーモニカ、ティッシュペーパーの箱、お菓子の入ったビンなど音が出るものなら何でも使って、いっしょに演奏しましょう。1分40秒過ぎからは、2人の音楽の先生がさらにパワーアップして演奏します。おうちの方もいっしょにどうぞ!
  「桃二チャンネル」のページをご覧ください。
令和2年4月20日(月)
 新型コロナウイルス感染症への感染が深刻な問題となっています。感染の予防に努め、感染拡大が爆発的に増えることを防止しなくてはなりません。

 また、一方で、新型コロナウイルス感染症の感染に関係して、偏見や差別が行われない地域・社会をつくることも大切です。感染は怖いことです。しかし、感染された方や濃厚接触された方とそのご家族、感染症の対策や治療にあたる方々、運送業や小売り業等の社会機能の維持にあたる方々とそのご家族を差別するようなことがあっては決していけません。もし、自分のお子様やご家族がそのような状況にあったらとても悲しいことです。子どもたちが偏見や差別をもたず、成長するには、学校の指導に加え、ご家庭での何気ない言葉や会話が重要です。

 感染症の感染に関係して、偏見や差別が行われない学校をつくるために指導を徹底してまいります。保護者・地域の皆様におかれましても、ご協力をお願いいたします。子どもたち、保護者・地域の皆様、学校が一体となって、差別や偏見のない地域・社会をつくっていきましょう。

参考資料
文部科学省 「学校再開等に関するQ&A(子供たち、保護者、一般の方へ)」
問11 学校における感染者、濃厚接触者等に対する偏見や差別の防止等について、どのような取組が行われていますか。
A 感染者、濃厚接触者とその家族、新型コロナウイルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者や社会機能の維持にあたる方とその家族等に対する偏見や差別につながるような行為は、断じて許されるものではありません。そのため、文部科学省としては、学校や教育委員会に対し、新型コロナウイルス感染症に関する適切な知識を基に、発達段階に応じた指導を行うことなどを通じ、このような偏見や差別が生じないように十分配慮するよう周知徹底を行っています。
 また、子供や保護者等が新型コロナウイルス感染症を理由としたいじめや偏見等に悩んだ場合の相談窓口として、「24時間子供SOSダイヤル」等を文部科学省ホームページやSNS等を通じて周知していますので、ご活用ください。(電話 0120-0-78310)
 なお、医療従事者や社会機能の維持にあたる方とその家族等社会機能の維持にあたる方を家族に持つ児童生徒等を、医学的な根拠なく自宅待機とするような措置をとることは不適切であり、あってはならないことと考えています。

新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会
全世代のみなさに いま、拡散してほしいこと
3)戦う相手は人ではなくウイルス
 感染者やその近親者、医療従事者や保健所・行政の人を差別することなく、お互いを労い、支え合いと感謝の声をかけあっていきましょう。我々有志の会としても、そのメッセージを送らせていただきます。
(中略)
 人同士のすれ違いや対立を避け、全世代の皆様が連帯し、この困難から医療と医療従事者や行政を助けていく必要があります。戦う相手はウイルスです。コロナとの戦いには必ず終わりがあります。それまでの間、ウイルスの攻撃から社会とご自身の健康を守りましょう。
令和2年4月20日(月)
 全校朝会の代わりとして、校長講話をビデオに録り、掲載します。講話の内容は、次の通りです。
「おはようございます。
 先週、皆さんのおうちの方に、このお休みのあいだに行う学習について、お知らせをしました。先週の学習課題には、自分からすすんで取り組むことができましたか。家にいると、つい楽なことをしてしまいます。おそくまで寝てしまったり、決まった時間に食事をしなかったりすることもあるでしょう。月曜日から金曜日までは、時間割の通りに生活しましょう。時間割の通りに生活することで、いつものようにおなかがすき、食事をおいしく食べられます。よる早くねることで、朝早く起きられます。規則正しい生活を続けていってほしいと思います。
 先週、先生方が皆さんの家を訪ねたり、地域を歩いたりしているとき、うれしいお話を聞くことができました。桃園第二小学校のホームページにある音楽の先生からのメッセージ、校歌の練習はとてもうれしかったです、一緒に練習しましたよ、というようなお話でした。皆さんは、家にいるあいだは友達と先生方に会えないので、さびしい思いをしていると思います。そんなとき、桃二の先生方のビデオを見て、元気になってくれたらと思います。
 先週の金曜日からは、家で一人でできる運動や、算数の先生と一緒に行う活動、図工の先生と一緒に行える折り紙を紹介しています。ぜひ、取り組んでみてください。
 新型コロナウイルス感染症への感染がとても心配な状況になっています。感染の予防に努め、感染する人が爆発的に増えることを防止しなくてはなりません。 また、一方で、新型コロナウイルスに感染した人や、その家族の人に対して、いじめや差別が行われないようにしなければなりません。
 感染された方やそのご家族の方を差別することは決してあってはいけません。また、感染症の対策のために働いている方、病院などで感染した人の治療にあたっている方がいます。私たちが生活していくうえで必要な品物を運んだり、お店で売ったりしていらっしゃる方々もいます。そういう方々のお仕事は、家にいる時間を増やすことがしにくいお仕事です。だからといって、感染しているかもしれない、という事実とは違う見方や偏った見方をして差別することは絶対にいけないことです。もし、自分や自分の兄弟、ご家族がそのような状況なって、差別を受けたらとても悲しいことだということは、皆さんならわかるでしょう。
 感染は、確かに怖いことです。しかし、感染された方やそのご家族、感染症の対策や治療にあたる方々やそのご家族などを差別するようなことがあっては決していけません。日頃から、このことを頭の中におき、差別やいじめにつながる言葉を絶対に言わないようにして生活しましょう。
 皆さんとご家族の方々が健康で安全に生活できるようお祈りしています。

令和2年4月17日(金)
 計画委員会が中心になって昨年度実施したユニセフ募金に対し、日本ユニセフ協会からお礼のお手紙と領収証が届きました。今年度も力を合わせて取り組んでいきましょう。
 画像をクリックすると、少し大きい画像で確認できます。
令和2年4月17日(金)
 ホームページで掲載してご連絡させていただいている子どもたちの学習課題について、ご家庭で印刷ができない場合に備え、印刷したものを学校にもご用意しています。職員室前の廊下に学年ごとに設置してありますので、ご利用ください。学校までお越しいただくお手数をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い足します。
令和2年4月17日(金)
 やってみよう!作ってみよう!
 「算数の先生といっしょに作ってみよう」動画を掲載しました。どんな図形ができるかな?
 「図工の先生といっしょに作ってみよう」動画を掲載しました。何ができるかな?
 お休みのあいだ、折り紙や家にある紙を使って取り組んでみましょう。
令和2年4月16日(木)
 やってみよう!作ってみよう!
 「家で一人でできる運動で体をきたよう」シリーズを掲載します。外出できない日々。家で少しずつ体を動かしましょう。
  家でできる一人技にチャレンジして体をきたえよう 1
  家でできる一人技にチャレンジして体をきたえよう 2
  家でできる一人技にチャレンジして体をきたえよう 3
令和2年4月16日(木)
 中野区では、臨時休業中の学校の対応につきましては、昨今の感染状況を踏まえ、4月20日(月)以降も学年別補充学習教室、小学校遊び場開放、中学校校庭の開放を中止することを決定いたしました。詳細は、こちらをご連絡ください。
 中野区教育委員会事務局「緊急事態宣言発令に伴う臨時休業中における対応の継続と変更について」
令和2年4月14日(火)
 校歌を歌いましょう。音楽の先生から児童の皆さんにメッセージです。そして、桃二の先生が校歌を歌います。児童の皆さんも一緒に歌いましょう。1年生の皆さんのために歌詞が表示されます。
令和2年4月13日(月)
 入学したばかりの1年生に向けて、本校の教員による「手の洗い方」動画を掲載しました。
令和2年4月13日(月)
 休業中のため、校長講話をビデオ撮影しました。講話の内容は次の通りです。
「おはようございます。
 学校がお休みになって1週間がたちました。家にいて、安全で健康に過ごしていますか。
 学校のお休みが続くと、先生や友達に会えないのでさびしい、体を動かすことができなくて楽しくないと感じる人もいるでしょう。また、朝起きるのが遅くなり、朝ご飯を食べずにお昼の食事をする時間がずれる、さらに夜寝るのが遅くなって、また次の朝、起きるのが遅くなる、というように生活のリズムが崩れている人もいるかもしれません。
 このお休みの間、皆さんにとって大切なのは、生活のリズムを保つことです。学校に通っている時と同じ時間におき、朝の支度をし、朝食を食べましょう。そして、学校にいる時間と同じ時刻に学習を始めましょう。
 インターネットに、桃園第二小学校のホームページがあります。その中には、このお休みの間、皆さんが一人で学習を進めるための課題や、一人で学習を進めるときの助けになる情報が載せてあります。 先生方がつくった学習課題は、今週から時間割のようにしてあります。1時間目は国語、2時間目は算数、など、45分間の時間を区切って学習を進め、生活のリズムを整えていきましょう。
 インターネットのホームページにある情報の中には、桃二小の先生方が作った動画もこれから載せていく予定です。学校のホームページはどうやって見るとよいのか、家の人に聞いて、見てみてください。
 それから、家にいて何か困ったとき、心配なことが起きたとき、わからないことができたときは、学校の先生のところに連絡してください。学校にいる先生方がお話を聞きます。安心して生活してください。
 それでは、児童の皆さん。私は、皆さんが安全で健康に過ごせるよう、毎日願っています。また、来週会いましょう。
令和2年4月10日(金)
 「せっかくのお休みです。よい本を読みましょう。図書館支援員から今日の1冊!」 に、低・中・高学年向けの本を掲載しました。
 
令和2年4月9日(木)
 「せっかくのお休みです。よい本を読みましょう。図書館支援員から今日の1冊!」に、高学年向けの本を掲載しました。
令和2年4月8日(水)
 「せっかくのお休みです。よい本を読みましょう。図書館支援員から今日の1冊!」に、中学年向けの本を掲載しました。
令和2年4月8日(水)
 臨時休業中の子どもたち、保護者の皆様の活動を応援します。
 「桃二・学び・応援団」のページに、「おうちでかんたん給食レシピ!」を掲載しました。
 子どもたちでもできる「かんたんレシピ」と、家の方といっしょに挑戦「給食レシピ」を掲載しています。子どもたちと家の方といっしょにぜひトライしてください。
令和2年4月7日(火)
 臨時休業中の子どもたちの学びを応援します。
 「桃二・学び・応援団」のページを掲載しました。お子様と一緒にご覧ください。

 まず、第一弾として、「せっかくのお休みです。よい本を読みましょう。図書館支援員から今日の1冊!」を掲載しました。毎週2~3冊ほどご紹介していきます。
令和2年4月6日(月)
 暖かな春の日差しの中、69名の可愛らしい新入生を迎えて、入学式を行いました。感染防止対策のため校庭で実施しましたが、快晴・温暖でお天気が1年生に味方してくれたように思います。お行儀よく校長式辞を聴いていた1年生は、背筋をピンと伸ばし、お礼や返事を式中に学んで実行することができました。素晴らしい1年生でした。
 感染防止対策のため、区歌は入場前のBGMとして流し、国歌、校歌は演奏のみとさせていただきました。また、在校生代表の歓迎の言葉は、後日、学校が再開したら行います。
 今日の入学式が、1年生と保護者の皆様の思い出の1日となることを願っています。おめでとうございます。
令和2年4月6日(月)
 2年生~6年生が登校しました。新しい教職員を紹介する着任式の後、令和2年度始業式を行いました。児童代表の言葉を述べた6年生は、最高学年として在校生の手本になる決意を語りました。新しい学級、新しい友達、新しい先生と過ごす1年間に、夢を膨らませられるよう、全教職員で力を尽くします。校長講話は次の通りです。
「新型コロナウイルスと呼ばれる、まだ予防の方法やお薬が開発されていない病気が世界中に流行しています。
 東京都は、それに感染する人が急に増えてきました。だから、今日やらなくてはならない用事ではないときには、できるだけ家にいて、多くの人と合わないことが大事になっています。
そのような中、今日皆さんは学校に集まりました。今日は、新しい一年が始まる大事な日だからです。
 今日皆さんは、新しい担任の先生にお会いしました。算数や音楽図工などの授業をしてくださる先生のことも知りました。そして新しいクラスの友達のことも知りました。その友達、先生方と、1年間、一緒に勉強し、話し、体を動かして、よく考える子、思いやりのある子、元気な子になりましょう。
 明日は学校に登校します。しかし、あさってからはお休みです。せっかく新しい年が始まったのに、残念です。少しのあいだ、皆さんは自分で勉強し、自分で健康に気をつけ、自分のことを考えていかなくてはなりません。このようなときだからこそ、目標をもつのがとても大切です。自分の目標をもちましょう。特に、考える子になるために、本や教科書を読んで自分の考えや疑問をもつようになりましょう。自分の考えがあってるか間違っているかを心配せずに、間違いを恐れず、自分の考えをもち、それをノートに書く。そういうふうに過ごしてください。
 また、人を差別せず、人をいじめず、だれに対しても平等に接する人になりましょう。前にけんかしたから、仲間じゃないから、というような理由で差別したり、いじわるをしたり、陰口や悪口のメモをまわしたりするのは、相手の人を傷つけます。
 最後に、病気を予防して健康に過ごしましょう。毎朝体温をはかります。マスクをします。石鹸で手洗いをします。アルコールがあれば手を消毒します。毎日お風呂に入って体や髪の毛も洗います。閉め切っていて人がたくさんいるところには行かないようにします。
 自分の考えをもつ子、差別やいじめをしない子、病気を予防する子になるよう、目標を立てて、新しい年をスタートしましょう。」
令和2年3月30日(月)~
 臨時休業・春季休業中の学習を支援する手だての一つとして、「児童・生徒が利用できる学習コンテンツ」をご紹介いたします

東京都教育委員会「学び支援サイト」
https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/content/learning_support.html

東京ベーシックドリルや児童・生徒の学力向上を図るための調査に関わる復習ポイントなどのほか、文部科学省や経済産業省などの学習支援コンテンツ
ともリンクしています。

文部科学省「子供の学び応援サイト」
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm

「自由に学ぶ」、「学校の教科等を学ぶ」など多種な支援コンテンツがあり、NHKや教科書会社の様々なコンテンツともリンクしています。

NHK「おうちで学ぼう」
https://www.nhk.or.jp/school/ouchi/

学習に関わる番組・動画を校種、学年、教科別に視聴することができます。スマートフォン向けアプリもあります。
令和2年4月3日(金)
 本日、保護者の皆様に情報配信メールでお知らせを行いました。内容は次の通りです。

 中野区教育委員会委は、4月6日(月)から5月6日(水)までの期間、区立幼稚園・小中学校の臨時休業を決定しました。ただし、4月6日(月)の始業式、小学校入学式は、規模を縮小して実施します。(中学校入学式、幼稚園入園式も同様です。)
 また、4月7日(火)は、学年別時差登校を行う登校日として、新年度の連絡やお手紙等をの配布を行います。4月8日(水)以降は、曜日によって学年が登校できる時間帯を設定して行う学年別補充学習教室を実施します。
 なお、6日の始業式、入学式、7日の時差登校、8日以降の補充学習教室は、すべて、休業中の登校日です。登校しなくても、欠席という扱いにはなりません。
欠席する場合は、児童の安否を確認するため、必ず登校時刻前までに学校へご連絡ください。
 詳しくは、本校のホームページをご覧いただき、本校からのお手紙「4月の臨時休業中の対応について」をご確認くださいますようお願いいたします。

 感染爆発の重大局面であるという状況が継続しています。子どもたち、保護者・地域の皆様におかれましては、不要不急の外出を控え、特に人が密集する場所へは行かないようご留意ください。皆様のご健康をお祈りいたします。
令和2年4月2日(木)
 過日、3月30日に、おやじの会の方々が、本校屋上にある周年のパネルを「99」に変えてくださいました。
令和2年4月1日(水)
 令和2年度がスタートしました。桃園第二小学校は、今年度開校99周年を迎えました。開校100周年に向けてホップ・ステップ・ジャンプ。今年度も、「子どものために 子どもとともに」を合言葉に、全教職員が一丸となり、保護者・地域の皆様と連携して、教育を実践してまいります。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。
令和2年3月31日(火)
 本日をもちまして、平成31年度ー令和元年度が終わりました。今年度も本校の教育にご理解とご協力を賜り、ありがとうございました。新年度は、新型ウイルスへの対応を行いながらスタートしなければなりません。子どもたちのためにを第一に考え、保護者の・地域の皆様と協力して教育を実践してまいります。引き続き、ご支援いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
令和2年3月30日(月)
 過日実施いたしました卒業式の様子につきまして、ご関係の皆様にはお手紙と写真でご報告いたしました。複数の方からご返信をいただきました。ありがたく存じます。

 引き続き、感染爆発の危険性があるとされています。子どもたち、保護者・地域の皆様には、不要不急の外出はできるだけ控え、特に人が密集する場所へは行かないようご留意ください。
令和2年3月26日(木)
 昨日を持ちまして、令和元年度の教育活動を終了することができました。今年度も、本校の教育活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。
 さて、昨晩、都知事が会見を行い、東京都が現在、感染爆発の重大局面にあることが述べられました。遊び盛り、学び盛りの子どもたちにとりましては、せっかくの春休みに思うように外出できない状況となったことは残念です。まずは、感染の状況が落ち着くまで、
不要不急の外出を控え、
特に、人が多く集まるところや、
人が近距離で会話や発声をするところ、
換気が十分でないところへ行くことは避けるようにしていただければと思います。
 東京都内の外出自粛要請に伴い、本校の教職員につきましても、26日(木)、27日(金)、30日(月)は、在宅でできる仕事についての在宅ワーク、満員の通勤電車を避けた時差出勤に取り組んでまいります。そのため、全教職員が通常の状態で出勤していないことにつきまして、ご理解いただけますようお願いいたします。
 25日にお休みしたお子様への修了証のお渡しなど、事前にお約束している場合は、それにあわせて教職員は出勤しております。また、日直の教員等、学校には必ず1名以上の教職員が出勤しております。何かございましたら、事前にお電話等をいただければ、対応いたしますので、ご連絡ください。
 感染者数が増えるとともに、連日の報道によって、不安とストレスによる疲弊を感じていらっしゃることと推察いたします。子どもたちと保護者・地域の皆様のご健康と安全を心よりお祈り申し上げます。
令和2年3月25日(水)
 今年度の最終登校を、学年別に時間差をつけて行いました。各教室で、学級ごとに修了式を行いました。校長講話はビデオ映像によって行いました。その後、担任から修了証の授与と春休みの生活についての指導を行いました。
 下校前に、多数の子どもたちが校長室を訪ね、この臨時休業中に読んだ本の感想文を持ってきました。一度帰宅して、提出のために再登校した子どももいました。子どもたちの一生懸命さを感じ、子どもたちの輝いた眼を見て、とてもうれしく思いました。子どもたちの読書感想文を読むことが、春休みの校長の楽しみになりました。
令和2年3月25日(水)
 校庭の桜や桃が美しい花を咲かせています。
令和2年3月25日(水)
 中野区教育長より、保護者の皆様に宛てて配布されたお手紙「新型コロナウイルス感染症の感染防止に留意した春季休業日 及び新年度における区立学校・幼稚園の対応について」を掲載しました。また、新年度4月6日(月)の始業式について記した学校だよりを発行しました。
 ダウンロードのページでご覧いただけます。
令和2年3月24日(火)
 令和元年度第98回卒業式を挙行いたしました。
 73名の卒業生が全員出席して、卒業証書を手にすることができました。このことは何よりも嬉しいことでした。
 教職員が演奏する区歌「未来カレンダー」が流れる中、卒業生が入場して開式し、国歌斉唱、卒業証書授与、校長式辞、門出の言葉、校歌斉唱を行いました。学事報告、来賓のご祝辞やご祝電は印刷物をもってかえさせていただきました。また、区歌斉唱は、入場の際の演奏でかえさせていただきました。このように工夫しての実施となりましたが、保護者の皆様のご協力と、卒業生の頑張りにより、行えましたこと、ありがたく感謝申し上げます。
 晴れの舞台を終えた卒業生の輝く笑顔が素敵でした。